ホーム > 会社情報 > プリンター開発の歴史

プリンター開発の歴史

当社の昇華型プリンターの歴史を紹介いたします

1989 SP5500
SP2200
SP3500
SP5500,SP2200,SP3500 サーマルヘッドによる温度管理、昇華型印刷技術の研究に着手、色校正用フルカラーA3プリンターSP5500を発売
プリプレス市場が確立され、色校正用印刷機の標準機となる。
1991 CP910 CP910 昇華印刷技術を応用し、カードプリンター開発
PVCへの昇華印刷技術開発で、カードへの印刷を実現。 高品位な画像再現性で、国民IDや入退出カード印刷機として採用される。
1993 CP510 CP510 デスクトップ型カードプリンター発売(昇華ダイレクト印刷方式)
高品位なカード印刷を可能とした、世界初のデスクトップカードプリンター。
1996 CP410 CP410 小型デスクトップ型カードプリンター発売(昇華ダイレクト印刷方式)
低価格デスクトップカードプリンターとして広くカード印刷に利用される。
1997 CPX10000
PPX10000
CPX10000,PPX10000 再転写方式昇華印刷技術確立し、昇華型再転写カード/冊子プリンター発売
世界初の昇華型再転写印刷技術を応用したカード/冊子プリンターとして、オリンピックのIDカード、首脳サミットのIDカードパスポートへの印刷などに応用され、ハイセキュリティー印刷技術を実証。
1998 CP710 CP710 小型昇華型再転写カードプリンター発売
昇華型再転写印刷技術を使った、世界初のデスクトップカードプリンター。カード素材の制限がなく、凹凸面へ印刷が可能となり、ICカードへの印刷を実現した。
2002 CX210 CX210 小型昇華型再転写カードプリンター発売
昇華型再転写デスクトップカードプリンター。住基カードプリンターとして広く認知されている。世界各地の運転免許証、空港の入退出カードなどで多くの実績を作った。
2005 CL-500 CL-500 省スペース、一体型ラミネーター発売
カードプリンターに一体接続、同時ラミネーション。
CX-120 CX-120 昇華型ダイレクトプリンター発売
世界最速プリンター。1時間に180枚のカードを高品質印刷。
CX-320 CX-320 昇華型再転写カードプリンター発売
CX210の発展形、さらに向上した印刷品質とUSB2.0インタフェースによる高速データ転送を実現。
2007 CX-330 CX-330 昇華型再転写カードプリンター発売
情報セキュリティ機能を強化。デュアルインターフェースで多様なシステム構成に対応。
2010 CX-7000 CX-7000 小型昇華型再転写カードプリンター発売
コンパクト、高セキュリティ、高耐久。用途に応えるフレキシブル構成。
CF-L700 CF-L700 コンパクト 片面/両面カードラミネーター発売
CX-7000シリーズカードプリンターに一体接続。両面と片面モデルをラインアップ。
2014 CX-7600 CX-7600 小型昇華型再転写カードプリンター発売
高精細600dpi、小型昇華型再転写カードプリンター。
ページの先頭へ